引越しの訪問見積もりとは?メリット・デメリット

引越しにおける『訪問見積もり』とは何なのでしょうか?

 

簡単に説明すると引越し会社の方が自分の自宅まで訪問して実際に荷物がどれくらいまであるのかなどを業者の方の目で確認したうえで引越し料金の見積もりをするサービスになります。

 

訪問見積もりに掛かる料金はほとんどの会社が無料にしているところはほとんどです。
このサービスをうまく活用することで引越し料金のコストを大幅に抑えることが出来るので是非引越しをする是非利用してほしいです。

 

もちろん、訪問見積もりの料金または対応に満足いかない場合は他の引越し会社に依頼しても全然問題にはなりません。

 

ここでは、そんな訪問見積もりについて初めて引越しをする方にもわかりやすい内容で訪問見積もりを理解したうえで引越しをしましょう。

 

訪問見積もり

引越しの訪問見積もりとは?メリット・デメリット

訪問見積もりは基本的には無料で利用出来ます。
引越し会社の営業の方に私たちの自宅を訪問してもらい“荷物の量・自宅周辺の環境”な下見したうえで見積もり金額を算出して出してもらいます。

 

実際に訪問してもらうことで荷物の量や自宅周辺の環境などインターネットや電話だけでは伝えきれない内容などがあるため業者の方が実際に見た方がより正確な見積もり金額知ることが出来ます。

 

例えば家具の大きさや段ボールの数などを把握しておけば、その量に見合ったサイズのトラックや必要な作業人数を予め用意してくれます。また、自分の住居の環境によっては駐車場の場所を確保保護材の追加などが必要になる場合がありますので事前に荷物の量や特殊作業の有無が分かれば手間がなくなり、引越し料金が安くなります。

 

また、訪問見積もりは必ず立会人が必要になりますが代理人でも構いません
中には不動産会社に立ち合いを依頼する方もいます。

 

ただし料金の値引き交渉や細かい作業内容の伝達は本人でないと伝えられないので、少しでも引越し料金を安くしたいと考えている方は出来る限り本人が立ち会う方がオススメです。

 

訪問見積もりのメリット・デメリット

引越しの訪問見積もりとは?メリット・デメリット

訪問見積もりのメリットは実際に荷物に見合った料金見積もりを提示してくれる点です。
実際に運び出す荷物を引越し業者の方がその目で確認してもらうので無駄なお金を支払うリスクをなくすことが出来るので安心です。

 

電話で見積もりする方法もありますが家の状況を1〜10まで伝えないといけないので手間が掛かりますし面倒です。
また、伝え方1つで誤認されてしまう可能性の方が大きいです。
なので実際に確認してもらった方が電話見積もりよりも大幅に引越し料金を抑えることが出来ます。

 

しかしメリットもあればデメリットも存在します。
訪問見積もりによるデメリットは転居先と引越しをする日程が決まっていないと適切な見積もりが出来ないことです。

 

見積もりは『何を・いつ・何処まで運ぶのか』の情報が決まっていないと明確な引越し金額を出すことが出来ません。
とりあえずおおまかな引越し料金を知りたい方は最初にインターネットでの見積もりをして事前に確認するのも良いでしょう。

 

多少のデメリットはありますが、それでも訪問見積もりはデメリットよりもメリットの方が大きいです。
引越し業者の方が自宅に訪問することには抵抗感があったりします。
確かに引越し業者の中には時間を掛けて正確な引越し料金を出す会社もありますが実際にはそれほど時間はかかりません。
更にプロならではの視点で私たちの引越しをサポートをしてくれるのは非常に魅力的です。

 

これらを訪問見積もりで明らかにしておけば当日になって慌てて引っ越し準備をしたり、引越し料金が変わったりすることもなく安心して引越しをすることが出来ます。
更に引越しに必要な荷物を詰めるための段ボールなどの梱包資材を無料で貰うことが出来る会社もあります。

 

訪問見積もりが不要なケース

引越しの訪問見積もりとは?メリット・デメリット

一人暮らしをする場合に利用する単身パックなどの運搬する荷物の総量が決められているプランでは訪問見積もりは不要です。
単身パックは引越し会社によってある程度のコンテナボックスで荷物を運送します。
その為、コンテナの大きさによっては引越し料金が決まってきます。

 

単身パックの料金を知りたいのであれば、

引越しを依頼したい会社に電話かWebサイトで問い合わせをするだけで料金が分かります。